酒蔵ホームページ

黒木本店と大阪屋酒店のコト

実家の酒屋に戻ってすぐのこと。

社長である父から出張を命ぜられる。

「黒木本店で研修してきなさい。」

黒木本店と言えばあの『百年の孤独』や『中々』、『きろく』など、

数々のヒット作を生み出しているスーパー蔵であり、

大阪屋酒店にとってもなくてはならない柱蔵の一つである。

2000年初頭、空前の焼酎ブームであった。猫も杓子も『焼酎、焼酎、焼酎』。弊店も早い段階から様々な焼酎を取り揃えていたこともあり、ご多分にたがわずその波にのっかっていた。そんな私は当時は高校生で年末になるとここぞとばかりに労働力として駆り出された。その時、お酒のことを何一つ理解していない私でも感じた。うちはすさまじい繁盛店なのだと。

特にその渦中にいたのが黒木本店であった。倉庫の奥に隠すように置かれ馴染み顧客にしか売ることのできないその焼酎は私の目から見ても異様であり、同時に魅力的に見えた。なぜそんなに求められるのか。

そんな経験もあいまって自分自身も興味があった。

業界でも市場でも一目置かれるスーパー蔵をこの目で見てみたい。

出張期間はなんと今までの最長の二週間という研修期間を与えられ宮﨑に飛んだ。

高鍋という劇的に田舎の駅から歩いて20~30分のところに黒木本店がある。

タクシーを使わなかったのはずいぶんと早くついてしまったからと、街の風景を見てみたかったため・・・。いやホントに・・・。

実際、蔵に付くと本当に立派だった。外観はいたるところに遊び心とセンスがちりばめられてる。これが日本でトップクラスの焼酎蔵か。それが疑いようのない事実であることを到着してすぐ確認できた。外観とは裏腹に蔵内に関しては合理的そのもので造りにおいて蔵人が働きやすいであろう無駄のない導線が敷かれていた。社員教育も行き届き、蔵人に会うたび立ち止まって挨拶された。

か、完璧だ。

ここで自分が過ごした濃厚な2週間をすべてお届けすると読者は泡を吹いてしまいそうなので、総じて感じたことを書いていこうと思う。

二週間はとにかくアッという間に過ぎた。

『原料生産』、『酒造り』、『産廃処理』焼酎造りのサイクルで無駄なものを一切出さないという会社経営を”サステナブル”や”エシカル”なんて言葉が浸透するずっと前から取り組んでいる最初の会社だった。

すべての現場を見て自分も中に入って体験させてもらった。

会社の運営はもちろん社員教育も素晴らしかった。

社員全員でのご近所掃除、朝礼でのその日の作業や意思の確認。黒木本店の社員専用のハンドブックの読み合わせ。蔵内の徹底した掃除。事務をこなす方たちの丁寧な電話対応。統制が取れつつも従業員の皆さんが楽しそうにやりがいをもって造りや業務に打ち込む姿に当時26歳の私はつきなみだが”感銘”の一言しか浮かばなかった。

ちなみにこれらの内容は社是なども含め、弊社も今でも参考にさせていただいている。

現社長のお父上である黒木会長と同級生で工場長の角上工場長の指揮のもと、素晴らしい組織が、素晴らしい焼酎をつくりだすことはよもや当然だったのかもしれない。

焼酎ブームは確かにたくさんの蔵に大きなチャンスを与えた。しかしブームいずれ終わる。その間に的確な投資をし、合理的な仕組みと強い組織を作り上げた黒木本店だからこそスーパースターなったのだと。ブームはただのきっかけに過ぎず黒木本店はスーパースターになるべくしてなったのだ。

高校生の時に感じた答え合わせができた気がした。

今はご子息である黒木晋作社長が後を引き継ぎあたらあしい価値の創造に取り組んでいる。今後の黒木本店も注目せざるをえない。

そんな一流の蔵が造る一流の焼酎をぜひ飲んでいただきたい。

中々(なかなか)

上品で香ばしく、ほんのり甘い穀物の香りを持つ。キャラメルの様な風味が繊細に口中に広がり、程よく軽やかさのある味わい。穀物の甘やかさが主体となり、終始優しく香ばしい余韻をもつ。お湯割りでは、甘みに深みが生まれ、コクがあり、香ばしいさとの相性がより良くなります。


陶眠中々
(とうみんなかなか)

香ばしさと力強さの共存した香り。甘い風味とコクがあり、しっかりと深みや重みを感じる味わい。水割りでは、麦の甘さと香ばしさが豊かに、余韻長く広がります。お湯割りでは、甘やかな麦の風味がより強く展開し、深みのある味わいを楽しめます。

※こちらの商品は箱付きです。


㐂六(きろく)

穀物の優しい甘みや紅茶、強く厚みのある香り。味わいは、骨格がしっかりしており、凝縮感もあるバランスで、香り高く複雑な風味の余韻を持っています。水割りにすると、風味がより豊かになり、穀物の甘さや、やや香ばしい風味が残ります。お湯割りでは、風味が柔らかくなり、バランスのとれた丸みのある味わいとなります。

爆弾ハナタレ

華やかで強く揮発的な香りとフルーツ感が特徴。凝縮した味わい、とろみのある食感を持ち、終始滑らかです。水割りにすると、より華やかでフローラルな風味となり、甘やかな飲み心地の口当たりとなります。お湯割りでも香りの華やかさは強調され、フローラルでややバナナのニュアンスを感じさせます。甘やかで丸みのある口当たりで、芋の風味が余韻に残ります。

※こちらの商品は箱付きです。

野うさぎの走り

ドライでスッキリとしていて、ややスモーキーな風味の香り。滑らかでまとまりがあり、ナッツのニュアンスを持つ複雑な風味と旨味のある余韻が感じられます。水割りでは、よりナッツフレーヴァーが顕著に感じられ、優しい口当たりながらも、複雑な風味を楽しめる。お湯割りでは、旨味が豊かに広がり、複雑なナッツの風味との一体感のある味わいに。

※こちらの商品は箱付きです。

たちばな

柑橘類の様なすっきりとした清涼感と軽やかな穀物の風味。味わいもドライで優しさと軽やかさ、エレガントさのあるバランス。水割りにすると、スズランの様なフローラル感のある風味と、フレッシュでタイトな味わいとなります。お湯割りでは、ほんのりと香ばしさと甘い風味が楽しめ、余韻に軽やかに抜けていきます。

たちばな 原酒

フローラルで、ナッツオイルのニュアンスがあり複雑性と清涼感がある強い香り。滑らかな口当たりで、タイトでドライ、香り高い風味を持っています。水割りにすると、芋の甘みが豊かになり、終始味わいが、ピュアで優しく感じられます。お湯割りでは、風味に深みと甘みが出てきて味わいの幅の広さや、複雑性を明確に感じられます。

※こちらの商品は箱付きです。

天嵐坊 (てんらんぼう)

百年の孤独
(ひゃくねんのこどく)

上品で強く、オークやほんのりシガーの香りがある。凝縮感と滑らかさが特徴的で、ココナッツや香ばしい麦の風味などが幾重にも感じられます。水割りでは穀物の甘みが生まれ、様々な風味と溶け合い優しくも複雑な味わいとなります。お湯割りでは、コクが生まれ、よりボリューム感のある味わいを様々な複雑な風味と共に楽しめます。

※こちらの商品は箱付きです。

謳歌 (おうか)

グレープフルーツやオレンジの花のニュアンスを持つアロマティックな香り。口当たりがとても滑らかで、複雑な軽いキャラメルのニュアンスと柑橘類を思わせるほろ苦さがある。水割りにすると、ほろ苦さが穏やかになり、滑らかさと複雑な風味が余韻にバランス良く残ります。お湯割りでは、味わいの豊かさが現れ、ほろ苦さとキャラメルの風味が余韻に残ります。