池月酒造について

中国山地の中心広島県との県境に位置する自然回帰の里 島根県邑南町羽須美(はすみ)。

山の緑から生まれる酒造りに適した気候。
この気候の中で造り出される、地元産の酒米と天然の良質な湧き水を使用し醸造。

これらに加え、杜氏・蔵人たちの日本酒の仕込みに懸ける気迫。

日本酒を愛するあなたに感動をお届けします。

酒蔵ホームページ

誉池月 純米 山田錦 生原酒

熊本酵母使用 芳醇な余韻があり味わい豊か

磨き:60% 酒度:+2.5 酸度:1.6

誉池月 純米 五百万石 生原酒

すっきりした飲み口です

磨き:60% 酒度:±0 酸度:2.0

誉池月 改良雄町 純米 生原酒

磨き:60% 酒度:±0 酸度:1.6

誉池月 燗専辛口純米

磨き:75% 酒度:+12 酸度:

誉池月 完全発酵

原料米の八反錦を80%までしか磨かず酵母の活動限界である「完全発酵」を目標に醪管理しました。その為、酒度が+16でありますが低精米と木槽搾り特有の米の旨みの詰まった清酒です。

磨き:80% 酒度:+16 酸度:2.1