大石酒造について

創業:1899年

平成五年から蔵を継ぐこととなった五代目啓元は、元エンジニア。 元来の研究熱心で物づくりが好きな性格を生かし、自らが杜氏となって、初代長治郎からの銘柄「鶴見」を守りつつ、たくさんの新しくユニークなブランドを立ち上げてきました。

その五代目のこだわりは、作る側の思い入れを飲む側が認識できるような、差がわかる焼酎。 ブランドごとに、原料、製法それぞれに個性をもたせ、バラエティーのある商品をたくさん作り出してきました。

酒蔵ホームページ

鶴見

黄麹の軽やかでフルーティーな香りと「鶴見」らしい力強さを併せ持つ焼酎です。

明治時代、鹿児島県の芋焼酎は、主に黄麹で造られていました。
酸を造らない黄麹での醸造は腐造も多く、時代を経てクエン酸を造る「黒麹」「白麹」が用いられるようになりました。
明治時代の焼酎をイメージして、「全量黄麹」「補酸なし」で造りました。

腐造防止のため、冬の気温の低い日に仕込をしております。