八海醸造について

創業:1922年

『八海山』という志
八海山の酒質を決める根幹は、目標品質の共有です。
一年で最も酒造りに適した厳冬期に考えうる最高の素材を贅沢に使い、最良の人材が持てる力のすべてを注ぎ込み、販売されつ事のない『特別な酒』を造ります。それは八海山の志の象徴としてその味と品質と技術を蔵人ひとり一人が心に刻みつける為の『理想の酒』。八海山のすべての酒が目指すのは、この『特別な酒』です。

酒蔵ホームページ

八海山 特別本醸造

冷やで良し、燗で良し、八海山を代表するお酒です。燗をつけたときのほのかな香りもまたお酒の楽しみの一つです。

磨き:55% 酒度:+4 酸度:1.0

八海山 清酒

普通酒でありながら原料米を60%まで精米し低温発酵でゆっくりと丁寧に造っています。淡麗ですっきりとした飲み口で料理の邪魔をしません。

磨き:60% 酒度:+5 酸度:1.0

八海山 純米吟醸

よく晴れた冬の日、澄み渡る空気の中で日差しに溶け始める雪。そんな時に感じる何とも言えない静けさ穏やかさを持った酒

磨き:50% 酒度:+4 酸度:1.2

八海山 大吟醸

選び抜かれた米を40%まで精米し厳冬の限られた時期にのみ仕込みます。蔵人が心血を注いで醸したお酒はゆっくりと熟成され柔らかな口当たりとふくらみを持った一品となります。

磨き:40% 酒度:+5 酸度:1.0

※こちらの商品は箱付きです。