中野酒造について

創業:1874年

モンドセレクション3年連続最高金賞に輝く「仕込み水」

中野酒造で仕込み水に使用されている天然水は、食のオリンピックともいわれる世界的コンクール「モンドセレクション」において3年連続最高金賞を受賞。
3年連続最高金賞を受賞する事で
International High Quality Trophy 「国際最高品質賞」の栄誉を頂戴致しました。

清酒は日本文化そのもの。その清酒造りに大切な三要素は水、米、そして造り手の心です。中野酒造は、中でも水を酒の命として創業時よりこだわってきた。仏教文化の里・国東半島は世界農業文化遺産に認定され、その麓に位置した山紫水明の町・杵築で豊かに湧出する清冽な御霊泉。私たちはこの自然の恵みに感謝し、中野酒造の地下200mより湧き出した六郷満山の御霊水を仕込み水として使用しています。

酒蔵ホームページ

ちえびじん 八反錦

おりがらみ生原酒なのでガスを抜いてから飲んでください。

磨き:60% 酒度:±0 酸度:1.8

ちえびじん 純米

口に含むと米の旨みと共に優しく香る吟醸香とのバランスがいい

磨き:70% 酒度:±0 酸度:1.8

ちえびじん 純米吟醸 山田錦

吟醸らしい含み香がありジューシーさの中に酸味がしっかりバランスがいい

磨き:55% 酒度:±0 酸度:1.8